医療器具を使った施術なら体にあまり負担が掛からない

小陰唇の大きさや形状などには個人差がありますが、人によっては痒みや皮膚の炎症を引き起こすことがあり、積極的な対処が必要なことがあります。そうした中、小陰唇の問題を解決するには、美容外科や美容皮膚科といった女性特有の悩みを専門に扱っているクリニックにお世話になることがおすすめです。たとえば、小陰唇縮小のため、特殊な超音波を発する医療器具を使った施術を受けられるクリニックは、高額な料金が発生することがありますが、施術中や術後にほとんど体の負担が無いことから、若い女性を中心に人気が集まっています。また、医療器具の種類によっては、術後の通院が必要ないものもあり、忙しい生活を送っている人も無理なく契約を結ぶことができます。

見栄えを重視する人は外科手術が得意な医師を探そう

小陰唇の見栄えを重視する人は、医療器具による施術を受けるだけでは満足のいく効果を得られないこともあります。そのため、過去に行われた手術の症例写真や、実際に手術を受けた患者の感想などを参考にしつつ、小陰唇縮小の手術を得意とする医師が在籍している病院やクリニックを探すことが大切です。最近では、初めて手術を受ける患者を対象に、小陰唇縮小の必要性や術後のケアのポイントについて、無料カウンセリングを通じて詳しく説明を行っている医療機関の数が増加しています。そこで、不安なく外科手術を受けるうえで、各地の医療機関のカウンセリングの時間や相談可能な事項について前もってよく調べておくことが大切です。

女性の膣を守るために、膣口を覆うようにある皮膚が小陰唇です。生まれつきや加齢、出産などによって肥大したり、左右非対称などの場合があり、そうした部分を切除して、形を整える手術を小陰唇縮小といいます