男性ホルモンがagaを引き起こす

agaに悩んでいる男性は日本中に1,200万人以上もいると言われています。成人男性の3人に1人が悩んでいるので決して他人事ではありません。遺伝が主な引き金になりますが、生活の乱れや頭皮へのダメージなども関係しています。悪玉のジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンが大きく影響しており、女性の薄毛より重症化しやすいのが特徴です。薄毛は年を重ねてから発症するものと考える方が多いですが、年齢よりも男性ホルモンの分泌量が大きく関係するため、20歳くらいから悩み始める人もいます。遺伝の影響は非常に強く、特に父親が薄毛という人は自身の髪の変化に慎重になってください。agaは特定の場所から始まるのが普通ですが、いずれは全体的な薄毛につながっていきます。

高カロリーの食事は避ける必要がある

必要以上のカロリーを摂取していると血液をドロドロにしてしまいます。血液には大切な役割があり、代表的なものは全身に栄養を届けることです。もともと男性ホルモンの分泌が多いうえに、高カロリー食を好んで摂取している男性は高確率でagaになります。過剰に摂取したカロリーは体脂肪や血中脂質となり、これが頭皮に悪影響を与えるのです。洗髪してもすぐに頭皮がギトギトするようならば、糖質や脂肪の摂り過ぎが原因かもしれません。aga対策においては高タンパク質、野菜たっぷりのメニューがおすすめです。大豆には豊富なタンパク質が含まれますし、男性ホルモンを抑えるイソフラボンが豊富です。頭皮環境を改善したい方にとって大豆食品は理想的な食材でしょう。

aga治療をするクリニックの情報を掲載している専門サイト後あります。そのため、これを使うことでagaを千葉で考えている方もすぐに調べられます。