ヒアルロン酸を注入してバストアップ

ヒアルロン酸と言えば美容商品に多く使用されているため、一度は聞いたことがある人は少なくないでしょう。そんなヒアルロン酸を使用することでメスを使わずにバストアップさせる豊胸手術があります。

豊胸手術と聞くと肌に傷跡が残るのではと心配になってしまう人が少なく有りません。しかし、ヒアルロン酸を使った豊胸手術は注射器で注入をするためにメスを使わなくてもバストアップをすることが出来るのです。また、ヒアルロン酸は人間の体の中にも存在している成分であるために安全性も高く見た目も自然な仕上がりとなります。

ヒアルロン酸は徐々に体に吸収されてしまうため、その効果はおよそ3年間程度持続するようになっています。

脂肪を注入してバストアップ

メスを使わない豊胸手術の中でも効果が長続きするということで注目されているのが自身の脂肪を使った豊胸手術です。自身の脂肪を使うということもあって安全性も高く、わざわざメスで切開せずに注射器で注入することが出来るので傷跡を心配する必要もありません。見た目もとても自然な仕上がりとなるので、他の人に豊胸手術をしたと気づかれたくない人でも安心です。

注入した脂肪は体に吸収されてしまうこともありますが、その多くはそのまま生着するために効果が半永久的に持続するというのが大きな特徴です。一方であまり大きくバストアップさせるのには向いていない豊胸手術であり、ブラジャーサイズが元々かなり小さい人の場合には効果が薄くなってしまうというデメリットもあります。

豊胸手術は、単に胸を大きくする手術ではありません。胸が小さくて悩む女性、病気で乳房を失った女性に再び胸を取り戻す機会を与えてくれる手術でもあります。性転換で女性らしさを生み出すためにも利用されます。