薄毛をカバーできるスキンヘッド

スキンヘッドの魅力は薄毛を目立たなくすること AGAになると前頭部と頭頂部を中心に薄くなってくるので、他の部分との毛量が違ってきます。前頭部と頭頂部は明らかに薄くなっているのに、側頭部や後頭部はフサフサだったりするのです。この状態は見た目がアンバランスですから、スキンヘッドにして隠そうとする人が少なくありません。髪の毛をすべて剃ってスキンヘッドにすれば、薄毛を目立たない状態にできます。大切なのは薄毛があまり進行しないうちにスキンヘッドにしてしまうことです。

スキンヘッドにするうえでの注意点

髪が伸びてくると、薄くなっている部位とそうでない部位の差が目立つようになります。白髪が多くなれば少しくらい伸びても目立ちませんが、黒髪の状態だと目立つので注意してください。薄毛が進行している状態でスキンヘッドにすると気持ちが楽になります。ただ頻繁に剃らないと目立ってしまうので、面倒に感じてしまう人は多いでしょう。コツコツと剃れる人でないと、スキンヘッドによる薄毛隠しを続けるのは難しいかもしれません。

スキンヘッドと並行したいこと

薄毛対策も同時進行していく スキンヘッドは薄毛をカバーするために役立ちますが、育毛ができるわけではないです。スキンヘッドにしたからと言って、髪が太くなることはありません。薄毛対策とは抜け毛の進行を抑えつつ、髪を太くしていくことを指しています。薄毛を隠しつつ育毛も並行していくならば、スキンヘッドにしながら薄毛対策をしてください。スキンヘッドにしても毛根は生きていますので、毎日1回のシャンプーをして毛穴を綺麗にしましょう。

育毛というのは、髪の毛の成長を促し、強い髪の毛を育てることです。発毛増毛は新しく髪の毛を増やすものです。