agaの原因は男性ホルモン!?

男性の薄毛の悩みの殆どがagaによるものと言われています。前髪の生え際や頭頂部などが薄くなるのが特徴のagaですが、原因と思われがちなのが男性ホルモンです。これは完全に間違いではありませんが、正しいとも言えません。というのも、男性ホルモンそのものは抜け毛を引き起こすものではないからです。男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつき、DHTというより強力な抜け毛を引き起こすものに変化することでagaは引き起こされるのです。

agaの対策は5αリダクターゼの働きを阻害させる

agaは男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素によってDHTになることによって引き起こされます。男性ホルモンは必要なものなので、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害することがaga対策では大事になってきます。5αリダクターゼの働きを阻害する方法としては、agaクリニックなどで処方される5αリダクターゼ阻害薬を服用するというのが最も一般的です。1日に1度の服用を継続することで効果が発揮され、3年服用を継続した場合約98%の人に何らかの効果が見られるとも言われています。

薬に頼らない対策方法

aga対策で薬を飲むのに抵抗があったり、副作用が心配という人もいるでしょう。そういった場合は、育毛サプリメントなどを利用するのも手です。ハーブの一種であるノコギリヤシは、5αリダクターゼの働きを抑制すると言われています。他にも、パルテノライドは抗炎症作用やヘアサイクルを正常に戻す働きがあると言われています。いずれにしても薬ではないので効果はマイルドですが、安心して使用できるでしょう。

男性ホルモンの過剰な働きで発症するagaを仙台で治療するなら、口コミなどを参考にしながら適切な病院を探すことが最良です。